シミと紫外線

シミと紫外線

シミができるのには必ず原因があります。その原因が分かれば、対策もできますし予防する事もできます。またその原因によっては、できてしまったシミさえも薄くできますし、もしかすると消す事もできる可能性さえあります。もちろんシミ消し化粧品やシミ対策化粧品は有効ですが、原因によっては生活習慣を見直す事で改善できたり、薄くする事ができます。シミの原因はよく知っておく必要があるでしょう。シミの主な原因は紫外線と言われていますが、そのほかにも色々な原因でシミができると言われています。その原因によってシミ対策やシミ消し化粧品でケアするなど変えてみると、シミができにくくなったり薄くなったりします。

主になるのは紫外線

シミができる主な原因は先ほども行ったように紫外線が大多数です。紫外線を浴びると、メラニン色素が作り出されます。メラニン色素ができると肌が黒くなっていくのが日焼けです。若い人であれば、肌のターンオーバーでメラニン色素はなくなりますが、加齢によりターンオーバーが正常でない場合や、紫外線の過剰摂取によってメラニンが肌に残ってしまう事から、シミができてしまいます。そう考えると、やはりシミを作らない為には、一番気を使うのは紫外線という事になるかもしれません。他にもシミになる原因を上げていますが、紫外線対策をした上で他の原因も気をつけるとさらに効果が高いと言えます。シミ消し化粧品にも紫外線からできたシミを意識したものが多い事から、やはり考えない訳にはいかないと言えます。



Copyright (C) 2012-2015シミを消す方法調査隊 All Rights Reserved.