シミ取りレーザー治療

大きなシミには

シミができると種類によってはだんだん大きくなって、シミ取り化粧品などでは追いつかなくなる事もあります。もちろんシミ取り化粧品などで集中していけば、大きくならずに対策をする事も可能です。シミが大きくなった場合に、シミ取りを思い浮かべるのはレーザーが多いでしょう。シミ取りのレーザー治療とは、シミを焼き切ります。メラニン色素に強く反応するレーザーを使用しているので、他の皮膚には一切影響がありません。レーザーは痛いというイメージがあるかもしれませんが、一瞬チクっとする程度で、治療が終わった後も痛みはありません。

シミ取りレーザーのススメ

シミ取りレーザーをすると、少し荒れた感じの皮膚になり、ガーゼで被って過ごす事になります。その後にかさぶたができて、かさぶたがポロっと落ちると、下から新しい皮膚が出来ているという状態になります。ただ、人によっては施術後にシミが濃くなる場合があります。またシミが取れた所は紫外線に敏感なので、紫外線対策はバッチリしましょう。レーザー治療は、どんなに頑固なシミでも、消える事が多いので、レーザーを推奨している人もいます。ただ、シミ取りレーザーに失敗がない訳ではありません。肝班と間違えてレーザーをしてしまった場合には、広がってしまったり、さらに濃くなってしまったりします。これは医師の判断ミスによるもので、肝班はレーザー治療ができないのにしてしまった場合になります。こうなるとレーザー治療をする際には、病院選びも大切になってくるという事です。



Copyright (C) 2012-2015シミを消す方法調査隊 All Rights Reserved.