ニキビ跡のシミ

ニキビ跡に効く成分

シミの種類にニキビ跡が原因で出来てしまったシミというのがあります。ニキビができると、ついつい気になって潰してしまったり、ひっかいてしまう事から、炎症を起こしてしまいます。その炎症がそのまま跡に残ってしまう事を炎症性色素沈着と言います。この炎症性色素沈着は、紫外線を浴びるとさらに濃くなってしまう傾向にあります。この場合には、シミ消し化粧品でも難しかったりしますが、それでも諦める事はありません。そういった頑固なシミに効果が期待できるのが「ハイドロキノン」という成分です。美白成分で有名なのは「アルブチン」ですが、その美白成分の100倍あると言われています。ただこの炎症性色素沈着では、完全に綺麗になる事は難しいと言われています。薄くなる程度にはなると思っておいた方がいいかもしれません。しかもレーザーでも悪化するとも言われているので、今はこのハイドロキノンが入っているシミ取り化粧品で、長い目でケアしてみるといいかもしれません。

ピーリングも効果

また化粧品を使う前に、数週間に1回くらいケミカルピーリングをしてみてから、化粧品をたっぷり使うと、薄くなりやすいです。ピーリング効果のある石鹸なども活用してみるといいでしょう。ターンオーバーが止まっているのに近い場所がありますが、古い角質をとってあげる事で肌の循環をよくします。さらに有効成分を染み込ませる事で、その成分の効果を高くしてくれます。ピーリングは肌を荒らす原因にもなるので注意しましょう。



Copyright (C) 2012-2015シミを消す方法調査隊 All Rights Reserved.