肝班のシミ取り

頑固な肝班

シミには「肝班」と呼ばれる種類があります。肝班は30代から40代から出てくるシミで、頬や目尻の周りに掛けて左右対称にできるシミの事を言います。実はシミの3分の1が肝班とも言われています。また隠れシミの多くも肝班だとも言われています。肝班は女性ホルモンの分泌が原因でできるので、特に30代後半に目立ってくるシミです。ホルモンのバランスが変わる妊娠中にできてしまう事も多いですが、出産しても色素沈着してしまって残ってしまう場合などもあります。肝班の場合はレーザーも効かない事も多く、返って濃くなってしまうなど、悩んでいる人が多いです。それでもシミ消し化粧品で、気長にケアしていくと、薄くなってくるものだと言われています。今までコンシーラーで隠しまくっていた人も、ケア次第では変わってくるようです。

肝班の有効成分

肝班に有効な成分は「トラネキサム酸」です。メラニン色素の抑制をしてくれ、代謝を上げてくれるというものがあります。しかし即効性を期待できるものでなく、長いスパンでのシミ消し化粧品の使用をオススメします。また合わせて「ハイドロキノン」という成分を使用するといいです。シミを消す効果では一番と言われていますので、スポットして使用してみましょう。また内服としてビタミンやトランサミンなどを摂取しながらすると効果が高くなるようです。時間がかかるものですが、美白化粧品など合わせて気長にやっていると、気がつくと薄くなっているという所までいくかもしれません。



Copyright (C) 2012-2015シミを消す方法調査隊 All Rights Reserved.