紫外線以外の原因

体の変化の影響

シミの原因には他にもあります。体の変化に伴って出てきてしまう場合です。シミ消し化粧品でもこういった原因は消えにくいようです。しかしシミ消し化粧品が全く意味がないわけでもありません。女性ホルモンのバランスが崩れてしまったりすると、シミが出来やすくなります。理由はわかりませんが、女性ホルモンバランスの場合には、目の周りにシミができるような事が多いです。またピルやホルモン剤を服用している人はシミができやすいようです。内臓トラブルでもシミが出来やすいと言われています。消化器系が弱っていると特に出やすいようです。特に宿便が多いと鼻にシミができると言われています。

シミの原因はたくさん

さらに加齢によってシミができます。若い頃に日焼けをしても大丈夫だったのに、年を取るとすぐにシミが出来やすくなるのは、若い頃と肌のターンオーバーが変化してきているからです。ただ年をとってからでなく、若い頃からケアしておく必要があります。若い頃の分が蓄積されているからです。また老化であれば、乾燥しやすくなってしまいます。乾燥はシミができやすくなる原因にもなります。また食べ物でもシミが出来やすくなります。柑橘系はビタミンを取る事で肌にいいと言われていますが、摂取しすぎて日焼けをするとシミになりやすいです。さらに肌が炎症する事でシミができる事もあります。ニキビを潰す、顔を擦るなどをすると跡となってシミができます。またストレスから肌に影響がありシミが出来やすくなる事もあります。特にストレスで自律神経が乱れてしまうと、口の周りにシミができやすくなると言われています。ストレスは内臓にも負担がかかっているので、鼻にできる場合は、両方考えられると思います。



Copyright (C) 2012-2015シミを消す方法調査隊 All Rights Reserved.