シミを消す方法調査隊


『この美容液で、シミが本当に消えるの?

『白斑にならないかしら?』 

そんなあなたのお悩みを解決するために、主婦Gメンが出動〜!!
私たちがおススメする、シミを消す化粧品はこの2つよ!両方とも、シミの消しゴムとも言われているハイドロキノンが配合されているの。まずはトライアルセットで試してみてね。


シミ消しGメンオススメはハイドロキノン配合の美容液よ

シミを消すには、肌の奥深くにたまったメラニン色素を取り除かないといけないの。一度肌の奥に溜まってしまうと、残念ながら、自然に消えることはないわ。それどころか、そのシミをほおっておくと、そこにまたメラニン色素が沈着して、どんどんシミが大きくなってしまうのよ。
このシミを消すのに、最強と言われている美容成分がハイドロキノン。つい最近まで、病院で処方されるしか手に入らないものだったのよ。
そのハイドロキノンが配合されているのが、アンプルールとビーグレンの美容液なのよ。

本来、ハイドロキノンは紫外線で酸化がしやすくて刺激が強いのだけど、この2社は、独自の開発技術によってハイドロキノンを安定化させて、安全に、効果がでるように配合させているのよ。


ハイドロキノン配合の美容液を比較

アンプルールとビーグレン、シミに効く美容液を比較しました。参考にしてくださいね。

 

ラグジュアリーホワイト
コンセントレートHQ110

QuSomeホワイトクリーム1.9

本体価格 10,500円 6,480円
美白成分 ・ハイドロキノン
・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・QuSome化ハイドロキノン
・QuSome化アルブチン
・QuSome化ビタミンC
ハイドロキノン濃度 2.5% 1.9%
タイプ 液タイプ クリームタイプ
目安使用期間 約2ヶ月 約1ヶ月
敏感肌でも使えるほどの、優しいシミ消し美容液。
この効き目で、この使いごごちは他にありません。おすすめします。
ハイドロキノンの含有量はアンプルールには負けるけど、その効果はアンプルールよりもあるみたい。だけど、その分、刺激も強いかも。まずはトライアルで試してみるのがおすすめです。

白斑にはならないの?

ハイドロキノンといえば、白斑にならないかしら?って気になる人もいますよね。
そうなんです。病院で処方されるハイドロキノンは、配合量が5%を超えるものも。なので、ポイントで塗っているとその箇所だけ色が抜けて、白斑になってしまうことがあります。
だけど、アンプルールとビーグレンは大丈夫。ハイドロキノンを安定化させて、メラニンにだけ効き目がでるように配合させているのです。だけど、もともと紫外線に弱く酸化しやすい成分なので、夜に使用して、使用している期間は日焼け止めはしっかり塗るようにしましょう。
敏感肌の方は、美白化粧品は刺激が強すぎて使えないと思っていませんか?敏感肌化粧品はじめてガイド〜最新ここだけおすすめランキングを参考に、敏感肌を改善して美肌を目指しましょう。

シミとは

肌の悩みを聞くと、ダントツに出てくるのが「シミ」です。シミ消し化粧品が売れているのが表れです。
それくらいシミというものは、油断をすると出来やすく、また一度できたらシミ消し化粧品だけでは改善せず、大変なことになってしまうものです。

シミとは肌の老化現象の1つと言われていて、肌の一部が色素沈着によって茶色っぽい色になってしまうことを言います。似たものでそばかすやくすみがありますが、シミは大きく広がりやすいのも特徴です。
特に30代以降に突然たくさんできた、という人が多く、まさに肌年齢の上がる頃に目立つようになってしまうようです。

シミがあれば、やはり顔の印象としてもよくありませんし、何より鏡をみて一番気になるのは自分です。できればずっとシミのない顔でいたいと思うのは、世の女性であれば当たり前の話です。
シミ対策やシミ予防、シミ消し化粧品など多く出回っているので、うまく活用して肌の透明感を守っていきましょう。

日焼けとシミ

30代になるとシミができやすくなると言いますが、実は生まれてからずっとシミができやすいように出来ています。今まで蓄積されたものが、肌の変化がある30代くらいになって、出てくるようです。人の肌は自分の組織を守ろうとして黒くなろうとします。

一般的に日焼けと言われているものです。日焼けの際にメラニン色素というものが作られ、それが蓄積される事によってシミになります。
10代の頃に日焼けばかりしていた人はシミができやすいという事なのです。





Copyright (C)2012-2015 シミを消す方法調査隊 All Rights Reserved.